課題一覧

この後、やりたいこと、考えていることです。思いついたままランダムに。

 

・信頼できる「語り手」の方たちに参加してもらうこと。一緒にこの場所を育てていっていただくこと。

・ここ近年の作品が載せられていないのでカバーすること。

・中学年以下対象作品、絵本、一般書をどういうスタンスでとりこむか決めること。

・コンテンツの数を増やすこと。とりあえず、500作品ぐらいはアップすること。その次、1,000作品が目標。

・良かった作品であるのにレビューが書けてないものを書くこと。

・最近の作品をアップすること。

・投稿時のHTML作成を、もっと簡略化できるようにすること。

・画像の大きさを統一すること。

・アワードをカテゴリーに加えること。

・タグを本格的に考えること。

・親カテゴリーごとの一覧ページを自動生成できるようにすること。

・作者や翻訳者、出版社一覧は、あいうえお順にするかどうか検討すること。

・翻訳作品と国内作品を分けるかどうか考えること。

・サイトマップを作ること。それ以前にメニュー構成を考えること。

・多くの人たちの意見によるオールタイムベストを随時抽出できていること。

・絶版、重刷未定作品は復刊ドットコムとリンクすること。

・国会図書館とリンクを貼ること。

・オンライン書店とリンクを貼るかどうか考えること。

・非営利の姿勢を貫けるかどうか、考えること。

・ロゴを作ること。

・サイトデザインを洗練されたものにすること。

・リアル中学生か高校生に読んでもらうこと。(名作を読んでもらって、その感想を寄せてもらうこと)

・サイトの広報活動を考えること。

・読むべき隠れた名作について教えてもらうこと。

・運営を組織的にすること。

・テーマで読む、を強化すること。

・メニュータイトルを考えること。

・「新刊紹介」などをコーナー化して、情報ポータルになること。

・毎日、変化があること。

・職場と連携すること(考えもの)。

・色々な団体と連携すること。

・志を失わないこと。ブレないこと。

・トラブルを想定すること。対策を立てること。
→あらかじめ弁護士さんたちに協力を願っておくか。

・意見の双方向性について考えること。

・コメントの是非について検討すること。

・同人誌化を考えること。
→それこそコミケや文芸フリマなどにも出てみるか。

・フリーペーパーを出してみること。
→サイトの宣伝のために。職場に置くか?

・いつがサイトの開始日か決めること。ダラダラでも良いか。

・覚悟を決めること。