星を見あげたふたりの夏

A HANDEFUL OF STARS.

出 版 社: あかね書房

著     者: シンシア・ロード

翻 訳 者: 吉井千代子

発 行 年: 2018年08月


星を見あげたふたりの夏  紹介と感想 >
メイン州。州の果物はワイルド・ブルーベリー。十二歳のリリーは広大なブルーベリー畑が広がるこの地域で、祖父母と暮らしています。お父さんは元よりおらず、お母さんもリリーが小さな時に交通事故で亡くなっていました。お母さんが飼っていた犬のラッキーと一緒に育ったリリーは、年をとって白内障で目が見えなくなったラッキーのことをとても心配しています。首輪が外れて逃げ出したラッキーを追いかけて、リリーはブルーベリー畑で働いていた女の子、サルマと知り合いになります。サルマはヒスパニックで、色々な土地の農場を渡り歩いて働いている家の子でした。友だちのハンナと疎遠になっていたリリーは新しい友だちができたことを喜びますが、サルマは一つの場所に長くはいられません。これは、それぞれに寂しさを抱えた二人の女の子が友情を育てていく物語で、非常に繊細な心の動きが捉えられています。八月。この地域で開催されるブルーベリーフェスティバルで二人は大きな挑戦をしようと考えます。リリーのお母さんは美人で、かつて三回連続でブルーベリー・クィーンに選ばれたことがありました。リリーは自分がそんなタイプじゃないことをわかっていて、サルマがクィーンになることを応援します。変化をきらうこの地域で、ブロンドではない女の子がクィーンになれるのか。そんな苦味もリリーが感じる物語です。作者のシンシア・ロードにはニューベリー賞オナー受賞作の『ルール!』というエッジの効いた作品がありますが、本作はわりとスタンダードで、それでも時折、ドキッとするものを垣間見せられるところがありました。容姿だけが判断基準ではないにしても、クィーンコンテストやミスコンテストって、道義的にどうなのか、という視点もあるかと思います。そこに不安定で自信のない自分の存在を肯定する為に、なんて動機づけが入ってくると、その意義も変わってくる気もしますね。